ホーム 製品溶解機械ベルト

接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維

認証
中国 Taizhou SPEK Import and Export Co. Ltd 認証
中国 Taizhou SPEK Import and Export Co. Ltd 認証
オンラインです

接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維

接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維
接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維

大画像 :  接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維

商品の詳細:
起源の場所: 江蘇、中国
ブランド名: SPEK
証明: SGS
モデル番号: 継ぎ目が無いベルト
お支払配送条件:
最小注文数量: ワンピース
価格: usd20~usd100
パッケージの詳細: 標準的な輸出カートン
受渡し時間: 2-10working 幾日
供給の能力: 週3000個

接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維

説明
材料: PTFEの上塗を施してあるガラス繊維の継ぎ目が無いベルト 厚さ: 0.35~0.45mm
色: 黒、ブラウン 能力: 耐熱性安定性
臨時雇用者の抵抗: - 140 - + 260 アプリケーション: Hashimaのため、Oshima、Veit、NGAI等
ハイライト:

hashima fusing machine belt

,

high temperature belts

 

PTFE溶解機械ベルト

1.seamlessベルト:

それはケブラー円柱高力ガラス繊維または(aramid)の生地のなされます

編まれ、PTFEの乳剤かが塗られるかどれが織機のあたりで編むことによって。

継ぎ目が無いベルトは完全に接合されたベルトの問題を克服します

悪い連続した安定性のようなおよび以外追跡、等。

PTFE継ぎ目が無い溶解機械ベルトの耐用年数は3回です

他の種類より長くの溶解機械ベルト。

PTFEの上塗を施してある継ぎ目が無いベルトの利点:安定したランニング、長い耐用年数。

不利な点:高い値段。

 

2のJointed溶解機械ベルト:

 

通常F46フィルムと接合する黒い色と。

利点:低価格。

不利な点:低強度、容易な偏差、通常3か月の短い耐用年数。

 

3の二重層溶解機械ベルト:

 

利点:偏差のない高力、長い耐用年数。

私達はまた顧客の要求に従って帯電防止溶解機械ベルトを作ってもいいです。

 

PTFE溶解機械ベルトの特徴:


1)高温抵抗および付着抵抗;
2)よい引張強さ、まれな偏向;
3)優秀な帯電防止;
4)極度の薄いライニングのためにより適した滑らかな表面、;
5)反疲労、耐久財、長い耐用年数;

 

 

Hashima継ぎ目が無い溶解機械ベルトのサイズ:

項目いいえ。 サイズ(mm)
HP-220K (上部) 220*1550
HP-220K (より低い) 220*1830
馬力220K II (より低い) 220*2230
HP-330K (上部) 330*1550
HP-330K (より低い) 330*1830
HP-450K (上部) 450*1550
HP-450K (より低い) 450*1830

Oshima継ぎ目が無い溶解機械ベルトのサイズ:

項目いいえ。 サイズ L (上部) L (より低い) S (上部) S (より低い) S (合計)
450F (GS) 460 1540 1830 0.71 0.84 1.55
600F 625 1400 2000年 0.88 1.25 2.13
60LN 625 1800 2400 1.13 1.50 2.63
60LD 610 2450 2450 1.49 1.49 2.99
90LD 910 2450 2450 2.23 2.23 4.46

 

接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 0接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 1接合箇所なしで継ぎ目が無いPTFEによって塗られる溶解機械ベルトのガラス繊維 2

連絡先の詳細
Taizhou SPEK Import and Export Co. Ltd

コンタクトパーソン: admin

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)